LOG IN

【Kagoshima, Japan】鹿児島あるき(ⅱ)

by こうさかしんや

前回の続きから。

ラーメン屋さんを出た後は、ぶらぶらと散策に出た。
鹿児島市内を中心にしているのか、路面電車の活躍がすぐに分かる。もちろん車もバスも走っているのだが、何度も路面電車が走っているシーンや道路中央に設置された駅を確認することができた。街の人たちにとって一つの大きな手段となっているのだ。違いない。


また、アーケード街が充実しているのだ!鹿児島は!
「スバラシイ!!!」


僕はアーケードを歩くのがとても好きだ。
なぜだか分からないのだが、ああした一つの場所に複数の商店やショップがひしめき合っているのが好きなのだろう。見学しているだけでも十分楽しいし、お店の前で簡単に立ち話するのも楽しい。もちろんショッピングもだ。
そうした意味では商店街も好きなのだが、僕の中で好きな理由を明確にできていない感はある。なぜなのだろうか?「惹きつけられる“何か”がアーケードや商店街にはある!」と思ってる。


さて、歩き疲れてきたのでどこかで休憩を!
そう言えば、一つ教えて頂いたことがあったのだった。西郷隆盛の子孫の方が営まれているカフェがあるのだとか。


「K10カフェ」


カフェの名前なのだそうだ。

「鹿児島まち歩き観光ステーション」と同じ建物に入っています。5Fと書いてあります。
「鹿児島まち歩き観光ステーション」と同じ建物に入っています。5Fと書いてあります。

・・・着いた。僕が行った日はお休みだったと記憶してます。なので、その階下の「鹿児島まち歩き観光ステーション」へ行くことにした。どうせならwifiがある方がいいと思っていたので、

「wifi有りのカフェはどこかにありますか?」

そう聞こうと思っていたのだ。
※この質問がちょっとしたドタバタ劇を生むことになろうとは・・・


入ると、所長のような男性が1人と事務のお姉さんが1人がいた。すぐさま僕は、wifiがあるカフェは近くにありますか?と尋ねた。
そうすると、所長は首を傾げ、どこがあるかなあ〜と考えを巡らせてくれている様子。お姉さんは心当たりがあったようでそこに電話をかけて確認してくれた。その場所はwifiは無かったのだが、電話をかけて確認してくれるという、その行為自体に大変うれしさを感じた。

ここで、何のスイッチが入ったのか所長が「天文館」「図書館」「観光センター」と続けざまにありそうな場所を出してくれて、お姉さんに電話して確認するように言う。また、所長自らも知り合いのところへ電話をかけて聞いてくれた。その間、僕は間髪入れない出来事に「あう、あうう」しながら、「もう大丈夫です」、とも伝えることができませんでした。

すると、最後に線路沿いのタリーズカフェにwifiがあるというではないか!!
その瞬間は、所長もお姉さんもホッとしておられ、僕はカフェも見つかり、電話をかけ続けて頂いたお二人にありがたさで一杯でした。
(お二方、その節は本当にありがとうございました。また、ややこしい質問をしてしまい、大変申し訳ありませんでした。色んな場所へ電話をかけて下さり、とても温かくなりました。ありがとうございました!!)




さて、今回泊まったゲストハウスは、「イルカゲストハウス」というところでした。とても元気でお茶目なお母さんがオーナーをされていました。
さらに、ゲストハウスの1階部分を居酒屋スペースとして利用されており、夜のみの営業の「夜イルカ」として、オーナーの娘さんが切り盛りされていました。あまり出回らない焼酎も多数揃えられているようです。

棚一面、焼酎です!!
棚一面、焼酎です!!

僕が一番最初にいただいた、「うみ」という名前の焼酎はとてもスッキリしていて、独特の匂いも少なかったような気がします。おいしかったです!!

ゲストハウスの宿泊者も利用できるし、一般での利用も可能とのこと。

ぜひまた行きたいお店になりました。


さて、明日のフェリーで4年ぶりの屋久島です!


こうさかしんや
OTHER SNAPS