LOG IN

【Yakushima, Japan】2度目の縄文杉

by こうさかしんや

縄文杉に再び会える日がやってきました。

4年前にも1度縄文杉を見に山に登りました。その当時は、正月前後だったのもあり、上の方は雪がまだ残っていました。
今回は4月初旬だったので、雪の心配はないとのこと。なので、前回はスパイクとステッキを持参していましたが、今回は必要なさそうです。

4年前の縄文杉登山にて。まだ雪がありました。
4年前の縄文杉登山にて。まだ雪がありました。

そして、今回の僕です。

割としっかり目の装備で挑みます!(撮影;モン子ちゃん)
割としっかり目の装備で挑みます!(撮影;モン子ちゃん)

4年前とは少々変わったところもありつつ。

まず、スタートの荒川登山口ですが、4年前は荒川登山口すぐ近くまで車で行くことができたのですが、今は変わり、「屋久杉自然館」から「荒川登山口」までバスが出ています。

なので、車で行く際は、屋久杉自然館駐車場に停めて、バスに乗り換える必要があります。

また、山に登る際に入山料(任意)のようなものも必要です。



午前6時、スタートです。

縄文杉までの道のりは、トロッコ道から始まります。

ひたすらトロッコ道を歩きます。
これがまた、足にきます。

なんだか怪しげな雰囲気漂います・・・
なんだか怪しげな雰囲気漂います・・・

途中、神社があったりします。

スギの背がものすごく高いです。

スギ花粉アレルギーなのですが、今回僕の鼻は全く反応しませんでした。(花粉が飛んでなかっただけかもしれませんが・・・)
スギ花粉アレルギーなのですが、今回僕の鼻は全く反応しませんでした。(花粉が飛んでなかっただけかもしれませんが・・・)

ひたすらトロッコ道を歩くこと3時間弱。トロッコ道の終着点に到着。

ここで休憩をとります。次の山道に備えます。


休憩していると、トロッコが!!

休憩所のトイレの清掃や頂上までの各所への必要物資の運搬をしている方々でした。この後、頂上までの山道を歩いている間にデカイ荷物を担いでいる人たちを何人か目撃しました。(トロッコが現役なこと、頂上までのモノの運搬は人力だということにとても驚きました!)

山道に入ります。

45分ほど歩いたところで、有名な「ウィルソン株」に。
株の中が空洞で入れるようになっており、中から上を見上げるとハート型に見えるというアレですね!

ハートに見えるように姿勢を整えます。
ハートに見えるように姿勢を整えます。
撮ってもらいました。(撮影;モン子ちゃん)
撮ってもらいました。(撮影;モン子ちゃん)

さらに上を目指します。

1時間後・・・・・

大王杉です!

10分後・・・・・

中央奥の二本が「夫婦杉」です。
中央奥の二本が「夫婦杉」です。

夫婦杉です!

こんなにもめり込んでいる木は見たことがない・・・自然のスゴさ
こんなにもめり込んでいる木は見たことがない・・・自然のスゴさ

夫婦杉を見てから、歩くこと10分。


ついに・・・


念願の・・・


2度目の・・・


縄文杉に会えましたー!!!(やったー!!!)

相変わらず、迫力がある。

たくましい!

4年ぶりにご尊顔できて良かったです。ものすごいパワーをいただきました!

ツーショットも撮っておきました。
ツーショットも撮っておきました。

最近できたという縄文杉の両側のデッキからもより間近で見ることができました。


昼食を頂上から少し下ったところで済ませ、下山していきます。

「ウィルソン株」前にて(撮影;モン子ちゃん)
「ウィルソン株」前にて(撮影;モン子ちゃん)

こんな写真も撮りながら、ゆっくり下っていきます。

今回、登り6時間、下り5時間の約11時間でした。

歩きやすかったのか、テンションが上がっていたのか、屋久島・縄文杉からスピリチュアルをもらったからなのか、あまり疲れは感じませんでした。

終始とても楽しく登山することができました。一緒に登ってくれた女将、モン子ちゃんにお礼を言いたいです。ありがとうございました!!


最後の最後に、ヤクサルに会いました。カン高い声で鳴いていました。



またいつか、登りに行きたいと思いますっ!!!


こうさかしんや
OTHER SNAPS