LOG IN

【HongKong】香港に立つ

by こうさかしんや

ボーディングパスには、Depart 12:50、Arrive15:05と書いてあった。

出る時、鹿児島空港は雨だった。


シートに座り、しばしの離陸までの時間、フゥ〜と一息。飛行機に乗り遅れたことはないけれど、しっかりと乗れたときの「出発できる!」の安堵感は凄まじいものがある。

加えて、何の問題もなく荷物を(飛行機内に)積めたことに再び安堵する。

重いことは承知していたのだ。LCC(Low-Cost Carrier)の手荷物は合計7kgまで機内持ち込みが可能だ。預け入れ荷物(チェックインの際に預ける荷物。主に大きいキャリーケースなど。機内に持ち込まない荷物のこと。)は、重量を選択することができる。
もちろん、0kgにしても良いのだが、大抵の場合、預け入れ荷物は発生すると思うので(超軽量旅行でもない限り・・・)、チケット購入時に何kgか選択しておいた方が良いのだ!
なぜなら、チェックインカウンターで、出発当日に「荷物を預けますっ!」となった場合、チケット購入時よりも高額な金額を払うことになってしまうからである。LCCはこうした手数料(事前の座席選択や機内食を食べる)が売上になっていると聞いたこともある(実際、そうなのだろう)。

さて、僕の場合。

元々、荷物は2つだけで、45リットルの大きいバックパックに15リットルの小さいバックだ。なので、大バックを預け入れ荷物に小バックを機内持ち込みにと考えており、チケット購入時にも預け入れ荷物は20kgを選択していた。
空港で大バックを計量器に乗せたとき、赤のデジタル文字で“20.70kg”と表示され、「やばいっ!!!」と思ったのだが、担当してくれた人が、

「21.00kgにならなければOKなんで、!」

と言ってくれ、「ぃぃよっしゃあぁーーー!!!」と内心大喜びしたのは僕です。
そして、そういうルールなのだなあーということも同時に勉強になりました。

チェックインでの預け入れ荷物の重量検査は、まるでボクシングの体重検査をしているかのような心持ちさえある(ボクシングしたことないので、あくまでイメージだが・・・)


ちなみに、一番最初の成田空港では、預け入れ荷物も手荷物も厳重にチェックされ、重量オーバーだと言われた。そこからは、大バックから小バックへ小バックから大バックへ荷物の移動をひたすらしていたのだが、最終的にどうにもならず超過料金を支払うことに・・・

2kg超過。¥800/kgの計算だ。べらぼうに高い!!!
2kg超過。¥800/kgの計算だ。べらぼうに高い!!!

※ぜひお荷物の重量はお気をつけ下さい!手荷物の7kgが意外に鬼門です。
(僕は最初の成田空港でしかチェックされていませんが、、、どこでチェックを受けるか分かりません。)




 所変わって!香港に着きました。初香港!

予約したゲストハウスのモンコック(旺角)までをどう行くか。近くにいた空港職員の方に聞いてみると“バス”が安いとのこと。電車(エアポート・エクスプレスやMRT)もあるようですが、金額はバスよりも高いとのこと。

安いのに越したことはない!と考え、バスを選択。

目的地のモンコック(旺角)がある側(九龍島)までだとHK$33(495円/1HK$=15円で計算)。その下の香港島までであれば、HK$40(600円/1HK$=15円で計算)だ。
今回は、HK$33だったが、着いたばかり、両替したばかりでコインがなく、乗るなり「あうあう」となってしまい、運転手のおっちゃんがHK$30で諦めてくれた。

ごめん!おっちゃん!

※空港から中心地へバス移動する際は、コインがあると良いかもです。運転手さんはお釣りを持ってないことがほとんだと思います。

モンコック(旺角)付近。真っ直ぐにネーザンロード(彌敦道)が伸び、その両側に近代高層ビルが立ち並ぶ。
モンコック(旺角)付近。真っ直ぐにネーザンロード(彌敦道)が伸び、その両側に近代高層ビルが立ち並ぶ。

実は、バスを降りてからが大変だった。

予約していたゲストハウスの位置をGoogleマップに落としていたのだが、いかんせん見つからないのである。ネットも繋がらず(繋げていないだけなのですが・・・SIMカードを買っていません。)、土地勘もないためゲストハウスにたどり着けないのだ。

初めて知ったのですが、SIMカードも入れず、ネットワークがない状態であってもGPSは生きているということを!!驚きでした!おそらく、これが無かったらゲストハウスを見つけることができなかったのではないかと思うくらい重宝しました。

そして!そして!香港では、セブンイレブンのwifiが無料で使えます。僕は滞在中、外に出た時はセブンイレブンを探すようにし、そこで調べ物をしていました。(もちろん、SIMカードを買った方が早いのですが・・・)
この時もいくつか違うホステルやゲストハウスに行き、wifiを使わせてもらえるようお願いしたのですが、どこも難しく(英語があんまり通じなかったことも一因あるのですが・・・)、セブンイレブンのwifiの存在を教えてもらったのでした。

ようやく、ネットに繋ぐこともでき、ゲストハウスの入り口も突き止めることができました。


チェックインを済ませ、一息ついて、外に出ることに。すでに午後8時前。

まずい!!シンフォニーオブライツが始まってしまう!!

下調べせずに来たのですが、唯一この「シンフォニーオブライツ」だけは見たいなと思って調べていた。そして午後8時から13分間だけのショーだということが分かっていた。時間がなさそうだったが、とりあえず向かうことにした。

香港中心地では、MTRと呼ばれる地下鉄が何本か通っており、僕にとって基本的に移動はMTRで十分だった。九龍島から香港島へ行くのもMTRで行くことができる。後で聞いたが、九龍島⇄香港島のMTR移動は海の中を移動しているようだ(すごい)。

これがMRTの切符。磁気カードだ。カードの右下のマークがMRTマークだ。地上で地下鉄の入り口を示す看板に見ることができた(東京メトロや都営地下鉄と同じ感覚だ)。
これがMRTの切符。磁気カードだ。カードの右下のマークがMRTマークだ。地上で地下鉄の入り口を示す看板に見ることができた(東京メトロや都営地下鉄と同じ感覚だ)。

便利だ。

最寄りのチムサアチョイ(尖沙咀)駅を降り、ウォーターフロントへ向かう。

着いてびっくりした。ものすごい人の数なのだ!

さらに、光だけの演出かと思っていたが、近くにスピーカーなんかも常設されており、音も流れていた。もちろんキレイなのだが、曇っていたのもあって空へ放っている光は見にくかったかなという印象だ。晴れていたら、最高だっただろう。

けれども、初日から見ることができたのは良かった!驚きの連続でした。

13分間を堪能し、近くを歩いて見ることに。


九龍島、香港中心街を南北にまっすぐ通っているのがネーザンロード(彌敦道)だ。

イメージ通りのネオンの看板がそこたらじゅうに広がってくる。目がチカチカしてくるぐらいだ。

時間は午後9時を回っていた。

ネーザンロード(彌敦道)沿いのお店はまだまだ明るい。片側3車線、計6車線ある道路はビュンビュン車が風を切る。
観光バスだろうか、2階建ての大型バスが横を通過して行く。

ネーザンロード(彌敦道)は賑やかだ。


歩を進めるとナイトマーケット(Night Market)が出現した。鹿児島で会ったアーケード街や商店街と似て、歩いているだけで楽しい。好きなんです、こういう感じのが!
そして、何でも売っているのだ。「どうやってそこまで上げたの?」と聞きたくなるくらい高い位置にまで商品が陳列されている。

ウキウキ、ワクワクしながら足と目を動かす。

おもちゃ、Tシャツ、下着、生活用品まで品揃えはカンペキだ!そして、安い!

歩いていたのは、「女人街」のようだ。文字をそのまま解釈しようとするとどこか勘違いしそうだが、実際は辺り一帯マーケットが広がる。夜もフル稼働だ。


結局、ウォーターフロントからゲストハウスがあるモンコック(旺角)まで歩いてしまった。ネオン看板にナイトマーケット、光が消えることがないであろう香港の夜の街を後にし、寝ることにした。


こうさかしんや
OTHER SNAPS