LOG IN

【HongKong】あちらこちらに出現するマーケットたち(ⅰ)

by こうさかしんや

香港の街をMRT(地下鉄)やトラムで移動もしたが、よく歩いた!とも思う。

ネーザンロード(彌敦道)の両側に見えるガラス張りの高層近代ビルが林立している一方で、1本路地に入るだけで時代が変わったかのような古き良き街並みがそこには残っていた。

同時にそこには、多くのマーケットが存在していた。


金魚街(通菜街)

地図を見ていたら、“金魚街”という文字が目に入った。漢字から意味が分かりそうなものだが、宿があるモンコック(旺角)から近いので、歩いてみることにした。ネーザンロード(彌敦道)の東側にその通りはある。

歩きはじめると、、、

あった!!!!

金魚屋さん!!!!

通りのどこを見ても金魚がいる。

お祭りの金魚すくいのお持ち帰りのような形で店頭にズラーッ!と並んでいる。

僕にとって、金魚は「お祭りで金魚すくいしてゲットするもの」という認識しかなくて、あまり買うというイメージはないのだが・・・(金魚すくいでお金は払っているけれど、)

こうも「金魚屋さん」が立ち並んでいると圧巻だ!
眺めているのは楽しい!


花園街

ネーザンロード(彌敦道)の東に金魚街(通菜街)があり、さらに東へ1本奥、花園街がある。

道の両側にテントがひしめく。

高層マンションだろうか、その建物とのギャップに違和感を、そのミックス具合にアジアを感じる。

女たちの戦いを捉えることができた・・・
女たちの戦いを捉えることができた・・・

デパートのバーゲンセールが如く、熾烈な争いだ。オーラというか、その勢いゆえ遠巻きからでしか見ることができない。


途中、市場があったので、見学へ。

ここも楽しい。
「どんなモノが売っているのだろうか?」
「野菜はどんなのがあるのか?」
見て回る。


女人街

着いた初日にも行った「女人街」。日中からナイトマーケットまでやっている。この辺りは車通りも人通りも多く、一日中にぎわっている。

ここもモンコック(旺角)の近所だ。先程の金魚街(通菜街)と同じ道を南に下ってくれば良い。

大型のネオン看板が頭上を占める。

ナイトマーケットはこんな感じだ。


露店街市(Lutian Wet Market)

女人街からさらに南下。

露天街市(Lutian Wet Market)と呼ばれる場所で足を止めた。

路上マーケットが広がっていた。煙廠街という名の通りだ。
野菜を売っているお店もあれば、花を売っているところもある。


「いくら?」

「〇〇HK$だよー!」


という小気味良いお客さんと店主の掛け声が方々から聞こえてくる。

そんな音楽にもガヤにもなり得る声が両側から聞こえてくる。道を歩きながら聞き耳を立てる。



そのまま、MRTの駅に向かっていく。
香港島へ。
まだまだマーケットは途切れない。


次へ。



こうさかしんや
OTHER SNAPS