LOG IN

【Baguio, Philippines】シティツアーに参加

by こうさかしんや

フィリピン最大の島、ルソン島北部にあるバギオシティの英語学校に入ってすぐのこと。学校主催で「シティツアー」と題せられたそれは、バギオのオススメスポットを巡るイベントが新入生に限り、無料で参加できるというものであった。
無料であったこと、まだ慣れていない街中を見ることができるということが僕を惹きつけた。参加することにした。

当日は参加者全員でジプニーに乗り、いくつかのスポットを回った。ジプニーとはフィリピン国内にある乗合バスのようなもので、人々にとって大事で大切な移動手段だ。

これらがジプニーです!車体のお尻側から乗っていきます。電車の座席のように2列になっていますが、そこそこ狭いです。距離によって支払う金額が変わるという仕組みになっています。

さて、シティツアーで訪れた場所ごとに見ていこうと思います。


MANSION HOUSE

最初に到着した場所が「MANSION HOUSE」と呼ばれるコチラ。

ガーデニングによって「THE MANSION」と彩られています。
ガーデニングによって「THE MANSION」と彩られています。

1908年に建てられ、様々な議会やイベントの主会場となっていたよう。戦時中の1945年に破壊されますが、1947年に再建されます。
それから、アジア・極東経済委員会(ECAFA)や食糧農業機関(FAO)、バギオ会議として知られる南東アジア連合(SEAU)の会議場所として機能したようです。
さらに、MANSION HOUSEの説明看板にはこうあります。

Summer residence of American governors-general, 1908-1935 and later of Philippine presidents from MANUEL L. QUEZON to the president.
MANSION HOUSE

アメリカの政府要人、フィリピン大統領の夏場の避暑地として役立ったようです。バギオはフィリピン国内の中でも比較的暑くなく、涼しいところだと聞きました。フィリピン人も休暇に涼みにバギオを訪れる人もいるそうなのです。
そう聞いて僕の中で勝手にバギオは、日本でいう軽井沢なのかなというイメージが先行するようになりました(避暑地という意味合いがほとんどですが、)。


ちなみにMANSION HOUSEの対面の場所に「WRIGHT PARK」という公園があります。

キレイな葉っぱを持った木もありました。


Mines View Park

次に訪れたのが「Mines View Park」。あまり公園感はありませんでしたが、標高の高い場所に位置しているため、とてつもなく広大な景色を見ることができました。

入り口はこの門をくぐって。
入り口はこの門をくぐって。

入るとすぐに“WELCOME”の文字で出迎えてくれます。

お花屋さん。
お花屋さん。

先を進んでいくとつきあたりに出ました。この場所がビューデッキと呼ばれているところになります。
よく辺りを見渡して見ると民族衣装のような格好で歩いている人たちをちらほら見かけました。後で分かったのですが、1回50円ほどでレンタルすることができるみたいです。これは次の場所でも多く見かけることになりました。

見えた景色がコチラ。広大です。さらに、奥の山々までも悠然と構えているのが分かります。なかなかに気持ちの良い景色です。


Baguio Botanical Garden

3つ目はボタニカルガーデンへ!たくさんの花を見てきました。

ここで面白かったのは、レンタル伝統衣装を着た人たちが何やら会議をやっている様子を目の当たりにしたことだった。

たぶん会議でも何でもなく、同じグループではしゃいでいただけだと思うのですが、、、。こうも衣装が揃った人たちに遭遇するとこの衣装を着ていた時代にもこのような光景があったんじゃないかと思わせてくれます。
レンタルするのは観光客の人たちが圧倒的に多いと思うのですが、ここボタニカルガーデンでは列を成して皆借りているのが印象的でした。
まあ、安いってのが理由にあると思うのですが。

休憩所の様子。
休憩所の様子。


最後にバギオで一番大きいショッピングセンターの「SM Mall」に着き、シティツアーが終了しました。


SM Mall以外の3つは街の中心部から少しずれたところにあるので、このシティツアー以降再び行くことはなかったです・・・・。
なので、このツアーに参加してバギオのアトラクティブスポットに行くことができたことは、本当に良かったなと思います。色々と参加して見るものだなと実感したフィリピン第1週目でした。


こうさかしんや
OTHER SNAPS