LOG IN

【Baguio, Philippines】ジプニーを乗りこなす

by こうさかしんや

フィリピンには、“ジプニー”と呼ばれる乗り物がある。

言ってしまえば、乗り合い型横長の車だ。
胴体部分は、2列のシートになっているが、そこそこ狭いのも手伝って、対面・隣の人との距離も自ずと近くなる。なので、人がいっぱいの時は、さながら満員電車の中にいるかのような感じなのだ。

僕はフィリピン滞在の3カ月の間、移動のほとんどにジプニーを使った。もちろんタクシーという選択肢もあるのだが、ジプニーよりも金額的に高かったこと(それでも片道500円程度で街中の大体の場所に行けるのだが・・・・)、

それに加えて、

ジプニーに乗っていると自分が現地に溶け込んでいるような感覚を覚えたからだった。

ジプニーは距離によって金額が変動する仕組みになっていて、うろ覚えだが、5km(いや10kmだっただろうか、)までは20〜30円程度、それ以上の距離から少し金額が上がるといった感じだ。
そして、この乗り物は多くの地元の人たちがこよなく愛していた。金額面が一番の理由になっているのだろう。英語学校のほとんどの先生たちも毎朝ジプニーで学校まで通っていた。タクシーは高いとのことだった。
そうした意味では、ジプニーはフィリピンにおいてほぼ100%浸透している移動手段だということになる。人々の足となっているのだ。

ジープニーまたはジプニー (jeepney) とは、フィリピンの全土でみられる乗合タクシーである。
時刻表はなく、始発地において、ある程度人が集まり次第発車する。走行中も、天井を叩いて運転手に知らせれば、希望の場所で降車することができる。
ジープニー - Wikipedia

Wikipediaにもある通り、街中にジプニー停留所がそこかしこにある。歩いていると、ジプニーが数台固まっている場所があるので直ぐにそこが出発地だと分かるだろう。
けれども、出発地から乗らなくても道端で手を挙げて“乗りたいアピール”をすれば、止まってくれるパターンもある。
(ただし、ジプニーが満員だった場合、そのまま通り過ぎて行ったり、運転手さんが手を振って“今乗せることができない”ポーズを取ってくれたりします。)

とある停留所にて。
とある停留所にて。

それぞれのジプニーにはルートが決まっており、行き先は本体側面に書かれている。上の写真で言えば、「BAGUIO PLAZA TOMAY」がルートを示している。・・・・のだが、どういう行き先なのかサッパリ分からない。
停留所から乗る場合であれば、近くに管理している人がいると思う。その人に行き先を告げれば、どのジプニーに乗れば良いか教えてくれるかと。
僕の場合、道端でジプニーを捕まえていたので、あんまり行き先は見ずに、とりあえず乗ってから目的地に近くなってきたら降りるという戦法でした。帰りは変な方向に行ってしまうと困るので、停留所から出発することにしていました(1度全然違う方向に行ってしまい、何度もジプシーに乗るも学校に帰ることができず、最終的にタクシーを使うというミスを犯しています、、、)。


さて、降り方ですが、天井を叩くと止まるとありましたが、本当にみんな止めて欲しいところで「コンコン」とグーで天井を軽くノックしていました。そうすると、ジプニーは路肩に止まってくれ、乗客が車両のお尻部分から降りていきます。そして、ジプニーは再スタートを切っていきます。
最初分からずに、『ここだ!』と思った場所でデカイ声で『Stop, please』と言っていました。これを学校の先生に話すと笑われてしまいました。そういうことを言う人がいないから面白かったのでしょう。
そして、教えてくれたのが「parapo(パラポー)」です。これが「Stop, please」と同じ意味なのだそう。「パラー」でも「パラポー」でも良くて、パラポーの方が丁寧なのだそう。
ただ、あんまりこの言葉を使っている人たちも見ることがなく、天井ノックがもっぱら主流なのかと勝手に思っています。


運賃について。
横長の車なので、まず運転手まで手が届きません。そんな時は運賃を隣の人に渡します。そうすると皆慣れている手つきでコインリレーが始まります。そして、運転手まで到達すると今度は、お釣りリレーをして、釣り銭が手元に戻ってきます。
始め、お金を隣の人に渡すのが少し怖かったのですが、慣れてくるとスッとできるように。慣れって不思議。何よりも乗客みんなの共通になっています、リレーすることが。自分がお釣りリレーに加わるときもあるので、回ってきたら次の人ないしは運転手に渡してあげると良いです。逆もまた然りです。


何台存在するのか分からないのだが、どこにいてもジプニーの姿を見つけることができます。そして、1台1台デザインが違うのです。
「フィリピン中のジプニーを1カ所に集結させて、どのジプニーが一番カッコイイか」大会とか展示会のように1つの場所に全ジプニーを大集結させたら面白いだろうな〜なんて考えていたりもしました。(実際にあんのかな・・・・?)←ないでしょう!(笑)

一つたりとて同じデザインを見かけることがなかったです。『かっこいいなー』と思うものから『何だコレ!?』と理解が遠く及ばないものまでバラエティ豊富です。また、似ても似つかない「ドラゴンボールの孫悟空」やマンガのキャラクターが描かれていたりするものまで、様々でした。



日本では絶対に体験することのできない面白い乗り物、ジプニー!
フィリピンに来たら一度、乗ってみるのもイイかもしれません。変わった体験になると思います。
タクシーも日本人から見ると安く、使い勝手が良いですが、地元の人たちと膝を並べて目的地まで行くのも楽しいです。
また、その土地での乗り物を使ってみるのも旅先でできる楽しい経験の一つかなと思っています。それにデザインの見比べも、見応えがあります。道行き交うジプニーを逐一、要チェックしていくのも面白いと思う。


こうさかしんや
OTHER SNAPS