LOG IN

【Baguio, Philippines】果てしなき広さ!パブリックマーケット

by こうさかしんや

バギオの街中心部にBaguio City Public Market(パブリックマーケット)が存在する。

地図上だけで見てみれば、パブリックマーケットのワンポイントだけを指しているが、よくよく辺りに目を凝らしていくと「Market Meat & Fish Section」「Flower Shop」「Grocery」に加えて、「家具屋」「質屋」「宝石店」「土産物屋」なんていう言葉がそこら中で踊っているのを発見することができる。


僕も何度かパブリックマーケット周辺に足を運んだのだが、果たして全て見回ることができたのかどうか定かではない。
それくらいこの辺りは混み合っていたし、入り組んでいた。
まるで迷路の中にいるかのようだった。外から布で屋根がされた通りを入っていったかと思うと気づいたときには建物の中を歩いており、何度か階段を上り下りすると不意に屋外に出ているのである。

歩いていると、Market Meat & Fish Sectionという言葉がある通り、肉と魚の販売場所に建物丸々一つ使用しており、マーケットができあがっていたり、その野菜バージョンもあったり、各専門セクションが隣り合っていると言うか、まるでスーパーヒーローのロボのように「ガシーン!ガシーン」と接ぎ合っているようなエリア形成の仕方なのだ。
そして、それぞれが繋がり合っているから探検しているとパブリックマーケット一帯がとてつもなく広大な印象を抱く。
(実際に、とても大きいエリアを作り上げているのだが、、、)

広大なエリアの中に多くの人たちが各々の求めるものを探しに集まっている。人だかりを掻き分けていかないと前に進むことができないような場所もあったりするのだ。

肉や魚はむき出しでテーブルの上に“ドンッ!”と乗っており、その周りをハエが飛び交っているのを見るのは完全に慣れてしまった。
衝撃を受けたのは最初だけで、全てのお店でそうしているので『“無数のハエが肉に止まっているのを異として見ている自分”が変なのではないか』と思うようになり、『そういうものなんだ』と自分の中で腹落ちさせてしまってからは気にならなくなった。

肉や魚は建物内か屋外にある印象だった。
変わって、お土産屋さんや青果店は布で屋根がされた敷地に位置していたように感じた。

生地や布地、家具などは地下のようなところで作業所と併設して、それぞれが陣取っているようだった。

その地下エリアでは、ミシンを商売道具として、衣類の修理屋さんが軒並み看板を構えていた。

ー ある時、カメラを首から下げ、周囲を歩いていると真ん中にいる女性に「写真を撮ってほしい。」とお願いされ、そのタイミングで居たもう一人の女性と一緒にツーショットの写真を撮った。
数週間後、その撮った写真を現像して持って行った時に撮らせてもらった一枚だ。写真を渡すと、とても喜んでくれたのが印象的だった。
1家族で経営しているのだそう。上の写真の中で3世代が揃っている。とても忙しそうで、繁盛しているようだった。



バギオのパブリックマーケットは言わば、人々にとっての台所なのだろう。行けば大体のモノが揃う。そう思ってしまうほど、多種多様の商品やモノ・サービスが至るところに広がっていた。
観光客が行っても楽しめる場所だと個人的には思っている。バギオTシャツが買うことができるお店がいくつもあったり、フィリピンのお菓子や乾物、フルーツを購入することも可能だ。見回していくと、興味深いモノが多くあった。

たくさんの面白いモノ・コトに出会えることを保証したいと思う。


こうさかしんや
OTHER SNAPS