LOG IN

【Macau】マカオの世界遺産を歩く

by こうさかしんや

マカオの2日目はここから始まった。

「ホテルリスボア」
マカオでは、古くからあるカジノホテルなのだそう。

さらに、

金ピカなゴージャスな建物も立ってます。ものすごいシンボル感が漂っている。


そこから、多くの人たちが集まっている開けた場所へ。
「セナド広場(Senado Square)」という場所のようだ。カラフル!!

マカオには、「マカオ歴史市街地区」として世界遺産に登録されている。22の歴史的建築物と8カ所の広場を含む日常生活地域となっているよう。
ということは、セナド広場へ足を踏み入れた時点で、僕は世界遺産の中へお邪魔させていただいているということになります。

グイグイと歩を進めましょう。

セナド広場の足元と同じ様相のタイル路の道を行くと、「聖ドミニコ教会(St. Dominic's Church)」が見えてきた。

見上げてみた。
見上げてみた。

途中こんな雰囲気の通りにも遭遇する。

雰囲気が違い過ぎて、一瞬自分がどこにいるのか分からなるくらいだ。アジア、中国のテイストもヨーロッパ、特にポルトガルの雰囲気がしっかりと、ガッツリと入り混じっている。どちらの雰囲気も感じることができるし、それらがひとまとめになっている“マカオ”という土地を堪能することもできる。

歩を進めて行く度に人が増えていく。
皆目指している場所は一緒なのだろう。
そして、僕らも友人がオススメしてくれた世界遺産の一つ、「聖ポール天主堂跡(大三巴牌坊/Ruins of St. Paul's)」へと辿り着いた。

すごい、、、人でいっぱいだ・・・。
教会の跡地なのだという。
人々が固まっている所まで行き、そのゲートをくぐる。奥がどのようになっているのかとても気になったのだ。

開けた場所になっており、立っていたゲートの裏側も見てみた。ズッシリと一枚で立っているのだなとここに来て気づく。こんなにも迫力のある一枚があるだろうか。この教会が健在だった当時はどうのような感じだったのだろうか、どのような街並みだったのだろうか。想像するとワクワクしてくる。


“一枚”から醸し出される独特なパワーに当てられ、足取りも軽くなる。

街中を散策してみる。

集合住宅の様子もとても趣を感じる。

歩いていると、隙間から先程の聖ポール天主堂跡がチラリ。

存在感ある。
存在感ある。

公園に着いた。
「Camoes Garden(白鴿巢公園)」だ。ここも世界遺産に登録されている場所の一つだ。

将棋のようなゲームだろうか。プレイヤーの周りを大勢の見学者が囲む。戦況を見守る。プレイヤーたちもおちおちゲームに集中していられないんじゃないだろうかと思ってしまう。
しかも、このような人だかりがポツポツとある。みんなこのゲーム好きなんだな、というのと周りを巻き込むほどのゲームなのかプレイヤーであるおっちゃんたちの魅力が光っているのかは定かではないが、熱狂的な盛り上がりは確実に感じ取れた。

面白い街だった。
もっとゆっくり、じっくりと街歩きしてみたいと思いました。

カジノだけじゃない。

こんなにも東西の文化がミックスした街を歩くことができるとは!華やかな場所だけでなく、ちょとしたその辺の道端にもワクワクするようなことがあるのかもしれないし、現在進行形で起こっているのかもしれない。


帰り道、最初に行ったセナド広場から聖ドミニコ教会まで人だかりができている。
『何事かと?!』
人を掻き分けて、覗いてみると、

教会独自のものなのか、キリスト教においてなのか分からないのだが、イベントの日だったのだろう。
鐘の音が響き渡り、白煙は行進する人々を纏い、祈りが高らかに辺りを包み込んでいた。


こうさかしんや
OTHER SNAPS