LOG IN

【Macau】美味ぃぃぃぃ!エッグタルトォォォォ!

by こうさかしんや

エッグタルト

とは何者なのか?


マカオに来てからその名を知った。
おいしそうな響きはある。

お土産屋さんが並ぶ通りでは、エッグタルトがもてはやされている。もはやお祭り状態だ。

我慢ならず、初エッグタルトを手にする。

想像していたよりも随分かわいいサイズ感だ。一口で食べれちゃいそうなそんな小さなそのお菓子からフンワリとした甘い香りが鼻を突いてくる。


元々は、ポルトガルのお菓子だという。気になったので、例のごとくググってみた。

パステル・デ・ナタのレシピを覚え、イギリス人アンドリュー・ストウ(Andrew Stow)が、そこに英国風カスタード・タルトの技術を加え、砂糖を控えめにするなどの改良を加えたものをマカオにある自分の店で「ポルトガル風エッグタルト」の名前で売り出した。これが評判となり、多くのパン屋、マカオのレストラン、茶餐廳が類似のものを作るようになり、また、妻もマカオで別の店を開業し、ケンタッキー・フライドチキンの香港支社と提携して売り出すなど、広く認知されるようになり、マカオでは、現在に至るまでマカオ料理における代表的な菓子として定着する事となった。1990年代後半には、シンガポール、マレーシア、香港、台湾でポルトガル風エッグタルトが売られるようになった。
パステル・デ・ナタ - Wikipedia

正式名称「パステル・デ・ナタ」なのです。
ポルトガル×マカオ×イギリスといったところでしょうか。ありがとう、アンドリューさん!最高に美味しいです!マカオで食べることができて幸せです!


今回のマカオ旅では、2つだけでした。

今度は、色んなお店に突撃して、食べ比べしてみたいなと。
まあ、一杯食べたいだけなのですが・・・・。


こうさかしんや
OTHER SNAPS