LOG IN

【Baguio, Philippines】フィリピンで英語を勉強する。

by こうさかしんや

『ワーキングホリデーに行く前に英語を勉強しておきたい!!!』

と考えてはいた。

かと言って何か手立てがあった訳ではなかった。それまでは、参考書を買って、たまに開いては眺めてみたり、DMM英会話を利用して、1日30分スカイプで様々な国の人たちと英語で話すということもしていた。


ー 僕は東京で2年間シェアハウスに住んでいたことがある。50〜60人もの人たちとの生活は異質だったが、とても楽しかった。その中の友人の一人に、後にお世話になる“株式会社スクールウィズ(SchoolWith)”に勤めている子がいた。その子と話していく中で「フィリピン留学」という選択肢は、僕にとって、予算的にも学習環境的にも良いのではないかと考えた。実は、このスクールウィズの代表である太田英基さんの著書を読んでおり、さらには、『フィリピン超格安英語留学』(東洋経済新報社)という太田さんがフィリピンでの英語留学を体験された本も持っていた。だから、“フィリピンへ英語を勉強しに行く”ということは僕の頭の片隅にはチラリとはあったようだが、すっぽり抜け落ちていたようだった。

そんなこともあり、実際に見に行ってやろう!と意気込んで、去年の夏休みにお試しとどういう雰囲気なのだろうかということを掴むためだけに1週間フィリピンへ行った。観光も全くなしの1週間学校へ通うというなかなかストイックな夏休みの過ごし方を選択した。
僕にとってみれば、その後に控えている(仕事を辞めて行こうとしている)本番の旅のための調査をしてこようといった感覚だった。学校の雰囲気や英語が勉強できそうか、そしてフィリピン自体の国の様子も含めてだ。

フィリピンの伝統的な家屋、ニパハット。ニッパヤシという種類のヤシの葉を使用し、屋根材や壁材にしている。風通しも良いようだ。さらにこのニパハットは天井に扇風機が付いており、座り心地も良く、絶好の休憩所だった。
フィリピンの伝統的な家屋、ニパハット。ニッパヤシという種類のヤシの葉を使用し、屋根材や壁材にしている。風通しも良いようだ。さらにこのニパハットは天井に扇風機が付いており、座り心地も良く、絶好の休憩所だった。

感想だけから言えば、1週間だったが、とても楽しく勉強できたと思った。純粋に日にちが足りないと思ってしまったのはあるにしても、1on1での授業は全て英語のため、しっかり聞き取って、伝えなければいけない。本当に苦戦したが(もちろん今でも苦労しているのだが)、意思疎通ができることが嬉しくてたまらなかった。

『決めた!オーストラリアの前にフィリピンで勉強していこう!』

帰る頃には、そう決めていたように思う。


さて、夏休みの1週間フィリピンが終わってからは、次に行く学校を考え抜いた。スクールウィズはフィリピンにある英語学校の口コミを集めて、運営をしている。Webに載っている中から条件に合う学校を絞り出してもらったり、オススメを教えてもらったりした。

僕の条件としては、

・日本人が少ないこと(できる限り日本語を話したり、聞こえてきたりしない環境を作りたかった)
・割とスパルタなところ(フィリピンにいる間はガッツリ英語を勉強しようと思った)
・大人数の部屋が空いていること(4人、6人部屋の方が費用が安くなるから)

くらいだっただろうか。案外少ないかもしれない。

そうした中で浮上してきたのが、バギオ(Baguio)という街だった。バギオはマニラと同じフィリピン最大の島ルソン島にあり、その北側に位置している。夏に行ったのがターラック(Tarlac)というマニラとバギオの中間点、ルソン島中央ぐらいにあるところだった。
北に位置しているため、涼しく、あまり暑くない。フィリピン人の間でも避暑地としての旅行先にもなるくらいなのだと言う。日本でいう軽井沢のようなところだろうか。また、スパルタな学校が多数存在しており、僕が挙げている条件に合う地域になっているとのことだった。割りかしセブ島が人気だったり、よく聞く場所だったりする中で、あんまり聞き馴染みのないバギオという地に行くのは絶好のチャンスかもしれないと考え、地域はバギオに決定した。

学校は、さらに上記の条件を満たすような場所になるよう突き詰めていった。Webの学校ページで写真をみたり、カリキュラムを比較したり、オススメや注意点なども伺い、決めていった。
最終的には、パインスインターナショナルアカデミー(PINES International Academy)のマンツーマン(1on1)授業が5コマ、グループ授業が2コマのカリキュラムを選択した。決め手は、日本人比率が比較的少ないとあったこと(実のところ僕が通っていた期間は日本人がとても多かったのだが・・・)、平日外出禁止のスパルタ校であったこと、金額も予算にはまっていたからだ。


期間は、当初6ヶ月いる予定にしていたのだが、3ヶ月(12週)だけ学校を押さえることにした。これには、勉強していくと3ヶ月で1度飽きがくるようだ。その際に学校を変えてみても良いし、もし申し分ないのであれば、そのまま延長しても良い。

この選択は僕にとって最良だった。

実際、僕は3ヶ月でフィリピンを出て、オーストラリアでワーキングホリデーに入る前にベトナムとアメリカを旅することができた。もちろん、英語をもう3ヶ月勉強することも選択肢の一つであったが、飽きが来たのは事実だったし、旅をする中で英語を使ってみたいと思ったからである。
なので、6ヶ月間まとめての方が安くなるだろうが、3ヶ月を一つの区切りとして予定を立ててみるのもアリな気がする。



こんな感じでフィリピンで英語を勉強すること、そしてその学校を決めていった。3ヶ月間、色んな人に会ったし、色々な楽しいこと、面白いことに出くわしました。
現在オーストラリアにいますが、まだまだ英語は勉強中です。ですが、英語に対する不安や壁のようなものは感じなくなりました。これはやはり、フィリピンでの英語留学が効いていると思っています。自分が思い描いている英語スピーカー像までは程遠いですが、違う言語を勉強したり、使ったりする抵抗感のようなものはほぼ無くなったと感じています。

フィリピンでの経験は、確実にステップの一つになったと思います!



こうさかしんや
OTHER SNAPS