LOG IN

【Yakushima, Japan】ダイビング

by こうさかしんや

この日、人生初のダイビングをしましたー!

場所はココ!

初日にも来た「一湊海水浴場!」です。

(撮影;久米さん)
(撮影;久米さん)

今回、お世話になったのはコチラ

屋久島ダイビングショップ Masterpiece(マスターピース)

ガイドの久米さんの指導の元、装備している酸素ボンベやその酸素を上手く取り入れることができるようにすること、足に装着したフィンやダイビングスーツに慣れることができるように懇切丁寧に教えてもらいました。
ダイビングを行う上での怖さもです。

さて、久米さんの指示に従い、海に潜っていきます!

が、、、!

3人ともほぼ初心者(僕はダイビング初体験です・・・)だったので、潜る前の体操から息の使い方、海の中でのサインのやり取り(海の中では声が聞こえないので、手でサインを決めておきます。また、久米さんからは磁気ボードで海の中の生物の名前、指示などをもらいました。)などを決めました。

いざ!ホントの本当に潜っていきます!


・・・思ったことは、

意外に海の様子がはっきりと見えるということ!(海がキレイなので当たり前なのですが、)

また、うまく沈むことができないということ!(ちょっと気を抜くと身体が浮いていくのです)

(撮影;久米さん)
(撮影;久米さん)

背中に背負った酸素ボンベの重さを感じつつ、少しずつ奥へと進んでいきます。

(撮影;久米さん)

今回、ウミガメに遭うことはできませんでしたが、魚の大群を目の前で見ることができました。

海の中で一緒に泳いでいることが何だか不思議な気分で、終始心が躍っていました。




キレイだが、冷んやりと、そして何も無いのだ(撮影;久米さん)
キレイだが、冷んやりと、そして何も無いのだ(撮影;久米さん)

けれども、こうした海底で何もない場所を見ると、とても怖くなったし、身体が一気に冷えるのを感じた。



(撮影;久米さん)
(撮影;久米さん)

最高の経験でした!!!


久米さんは、自身のホームページ上でこう言っている。

屋久島は「山」のイメージが強いですが、「イイ山にはイイ海がある!」をコンセプトに掲げ、屋久島の海の魅力を伝えていきたいと考えております。
屋久島ダイビングショップMasterpiece

そして、

屋久島に辿り着いた人々に対して、「あなたは島に呼ばれて来たんだね」という素敵な表現があります。皆さんも是非、その一人となってください。
屋久島ダイビングショップMasterpiece




もし、僕も屋久島に呼ばれて今回訪れたのだとしたら、縄文杉を見に山へ登ったことも、そのイメージの無いダイビングで海を見たことも必然と言えるのかもしれない。

だとしたら、「また呼ばれたいな。」と思うばかりである。




中学校の時に世界は、陸:海=3:7と習った。世界地図でも見るように7割が海だ、青の部分が多くを占めている。そのほんの数mmを垣間見ること、感じることができたのはとても新鮮だったし、他の場所はどうなっているのだろうという純粋な疑問、好奇心が出てきた。

もちろん、海水浴で海には行くけれど、ダイビングはその感覚とは異にしていた。
なんだろうか、キレイなのだが怖さも見たというか、海は絶対的に憧れの対象であるだけではないのだと。

3割の陸だけでも大きいな、広いなと感じるのに、7割の海は果てしない・・・


海は広いな〜〜♪ 大きいな〜〜♫


こうさかしんや
OTHER SNAPS