LOG IN

【Yakushima, Japan】安房探検(ⅱ)

by こうさかしんや

前回の続きから。


財布が無事戻ってきたところで、ガジュマルで遊べるところがあるとのことで、一同その場所を目指すことに。


その道中・・・・・

なんと茶畑に遭遇。車から降りて写真を撮ります。
しかし、屋久島でお茶が採れることに驚きました。

僕、こんな風に撮っているんですね。へっぺり腰です。笑(撮影;モン子ちゃん)
僕、こんな風に撮っているんですね。へっぺり腰です。笑(撮影;モン子ちゃん)


さらにさらに、その道中・・・

ヤギに遭遇、、、!

女将とモン子ちゃんが飼っている方と知り合いらしく、その方の畑にも案内していただきました。(何という顔の広さ、というか距離の近さよ・・・)

ヤギを愛でている感じが、なんともカッコイイのである!!!
ヤギを愛でている感じが、なんともカッコイイのである!!!

そして、カワイイ!!!


・・・僕のこの左手は何なんだろうか。(撮影;モン子ちゃん)
・・・僕のこの左手は何なんだろうか。(撮影;モン子ちゃん)


おじさんとヤギにお別れをし、ガジュマルがある場所へ。
屋久島には、いくつかガジュマルスポットがあるようなのですが、今回は「猿川ガジュマル」という、Googleマップさんによると“観光名所”のところへ行きました。

さて、ガジュマルとは・・・

垂れ下がった気根は、徐々に土台や自分の幹に複雑にからみつき派手な姿になっていく。(中略)
気根は当初はごく細いが、太くなれば幹のように樹皮が発達する。地面に達すれば幹と区別が付かない。また、成長した気根は地面の舗装に使われているアスファルトやコンクリートなどを突き破る威力がある。こうした過程で、土台となる木は枯れていく(ガジュマルはいわゆる「絞め殺しの木」の一種である)。
ガジュマル - Wikipedia

絞め殺しの木・・・だそうです。
(それだけ聞くと怖くないですか?)


着くとそこはジャングルでしたね。もうね、鬱蒼としておりました。

何ができるかというと、ブランコみたいにして楽しめると言う。


・・・と言うことでやってみることに

ちょっとだけ緊張しました。(撮影;モン子ちゃん)

でも、ちょっと楽しい。
辺り一面ガジュマルです。


(女将が一番はしゃいでいたような気がしますが。。。)



ガジュマルブランコを後にして、今度は海を目指します。

こちら、洞窟があるとのこと。

ちょっと興奮しませんか、洞窟。
冒険の匂いがしてイイですねー、洞窟という言葉の響き。


行くとちょうど波が迫ってきているところでした。

波が迫ってきます!向こうに夕日がチラッと見えているのも良かったです。
波が迫ってきます!向こうに夕日がチラッと見えているのも良かったです。

透きとおってました。

洞窟を通らずに遠回りして岩場から海を眺めることもできます。(足場はお気をつけ下さい!)
本当に気をつけて行っていただきたいのですが、岩場の端っこまで行けちゃうんですね〜!!


さらに!

ここは女将オススメの「岩」が「カメ」に見える隠れスポットらしく、うまい具合になるように写真を撮ってみることに。

あ!良さげですね!カメに見えなくもない、、、(撮影;モン子ちゃん)
あ!良さげですね!カメに見えなくもない、、、(撮影;モン子ちゃん)


水たまりの反射でなんだか良さげな感じの写真撮ってもらいました。(撮影;モン子ちゃん)

かっこよく撮ってもらい感謝感激です。笑


こうさかしんや
OTHER SNAPS