LOG IN

ワーホリの話5

by こうさかしんや

こんにちは!
しんやです。

今週は、ちょっと前にも書いたKings Park(キングスパーク)とその中にあるBotanical Garden(ボタニカルガーデン)について。

地図で見てもらうとすごくよく分かるのですが、キングスパーク、ものすごい大きいのです!!!
1日では歩ききれないですね。実証済みです(笑)。

このキングスパークの中にボタニカルガーデンがあります。


Botanicalとは・・・

1 植物の[に関する];植物学(上)の.
2 植物から採った
botanicalの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

と、植物がいっぱいある場所ということでしょう!

ふらふらとガーデンの中でボタニカルを感じてきました。


入り口はこんな感じ。

公園自体は高い場所にあり、Perth(パース)の街を一望することもできます。

大きい記念碑があるのですが、そこから見ることができます。


歩いていきます。見たことない花ばっかりで写真いっぱい撮りました。

日向ぼっこする場所まで。
やはり広大な公園です!

さらに歩を進めて、花を撮ります。

色は様々、形も様々、「うわっ!キレイ!」と思うのから、「何だ、この花?」と思うようなものまで。すごいです!花の世界、すごい。

形が独特すぎて・・・
形が独特すぎて・・・

キ・イ・ローーーーー!

まだまだあります。

ボタニカルガーデン内に女性の銅像が建っている噴水があります。ここで一休み。

さらに歩いて行くと、橋が架かった丁寧に手入れが施された庭園のような場所に出ます。所々、休憩所のような木造の建造物を見ることができます。


戻って、花です。

こんな調子で歩いていたのですが、進んだのがガーデン内半分くらい。キングスパークで見たら、ほんの一部分しか見ていない・・・。

デカすぎる、、、

そして、花いっぱい、、、

歩くたびに新しい花に会う。


全然穂が進まなかったけど、日が暮れてきたから帰ることにする。



ー おまけ ー

むらさき。


おわり。


こうさかしんや
OTHER SNAPS